地震のサインを見逃すな!予測が可能な場合も

地震の概要と予測について

男の人と女の人

地震には前兆がある

地震を事前に予測することができれば、被害を最小限に抑えることができます。地震には基本的に前兆があります。わが国では、その前兆を感知して対策する取り組みが行なわれています。

地震の前兆はどのように感知する?

大きな地震が発生する前兆として、地下、地上、宇宙空間に異常が検出されるとされています。その異常を、電波を利用して予測するのです。前兆現象は位置によって、約2週間前~数日前で観測できる場合があります。

新着情報

地震について理解を深めよう

日本は地震大国と呼ばれるのは何故でしょうか?

日本は、大きなひずみが蓄積するプレートに囲まれています。地震はプレートに蓄積されたひずみによって引き起こされますので、プレートに囲まれている日本は地震が多いとされています。

よく聞く活断層とは?

繰り返し活動する断層です。地形は断層活動によって形成されますが、過去において何度も活動する断層があり、そういった断層を調査することで、今後も発生するだろうと予測できる場合があります。活断層は言わば、地震予測において重要な役割を果たします。

地震はどのように伝わる?

地震の波には主にP波とS波があります。P波はS波に比べて速度が速く、先に到達します。地震が発生すると、P波により最初は小刻みに揺れ、後からS波により大きく揺れる性質があります。

地震を予知することはできる?

地震は自然現象なので、いつ、どこで、どのくらいの規模で発生するのかといったように、100%予測することはできません。しかし、活断層の調査や過去のデータ分析などで、ある程度の予測をすることはできると言われています。

広告募集中