地震雲について知ろう|地震大国だからこそ進んだ予測技術【東日本大震災を風化させない】

地震雲にはさまざまな種類がある【地震予測】

いつもと違った雲の場合は要注意!

地震雲という言葉を一度は聞いたことあるのではないでしょうか?地震雲によって地震発生日を予測できるとされています。しかし、その科学的根拠は未だ解明されていませんが、雲を意識的に見ることでいつもと違った雲だった場合には、万が一に備えての心構えができるでしょう。

地震雲について知ろう

地震

不気味な断層形地震雲

断層形地震雲はとても不気味な雲です。青空と雲を真っ二つに分けたような形をした雲です。まるで雲が青空へと迫りくるようにも見えます。雲が発生して2~3日で大きな地震が発生すると言われています。

飛行機雲のような帯状形地震雲

帯状形地震雲は、一見飛行機雲に見えます。帯が長ければ長いほど地震発生までの日数が短いされています。また、地震雲の目撃情報の約7割~8割を占めており、この雲を見かけたら特に注意が必要です。

幻想的な形をした竜巻形地震雲

空中で竜巻が発生しているかのような姿をしています。その雲の形は、まるで龍が空を飛んだ跡のようなイメージを思い起こさせます。形状が垂直だと揺れの原因が近いとされており、雲が発生してから一週間程度で地震が発生すると言われています。

広告募集中